4月2日生まれが一番多い?

【4月2日生まれが一番多い?】

 

誕生日は4月2日生まれが一番多いという噂を耳にしたことはないだろうか?

ある生命保険の営業マンによると、確かに4月2日生まれが一番多いというのだ。

 

それは4月2日から学年が変わるからだという。

小中学生の間は学年が一つ違えば体格差も大きく運動能力に大きな差がでる。

もちろん勉強面でも同じことが言えるだろう。

もし、私たちも一学年上の生徒と学生生活を共にしていたら

みんなについていくのに精一杯だったかもしれない。

 

そのため3月下旬や4月1日に生まれた赤ん坊は、

学校でみんなに置いていかれないように4月2日生まれとして

届出をだす場合があるというのだ。

これは病院側から提案がある場合も多いらしい。

 

こういった事情から4月2日生まれが他の日よりも増え、

4月2日生まれが一番多い誕生日なのだ。

   

 

【なぜ4月2日から学年がかわるのか】

 

そもそもなぜ4月1日ではなく4月2日から学年が変わるのか?

疑問に思った4月2日生まれの方も多いのではないか。

 

これには「年齢計算に関する法律」が関係している。

この法律が飲酒・喫煙や結婚などにも適用される年齢の数え方を規定していて

ここに満年齢は誕生日の前日午後12時に達すると定めている。

つまり4月1日生まれの人は3月31日に年を重ねるということだ。

 

そして「学校教育法」に「満6歳に達した翌日以降の、最初の学年のはじめから就学させる」とある。4月1日生まれの子が6歳に達した翌日、つまり4月1日から就学するとういことなので4月1日と4月2日で学年が変わるのだ。

 

 

【カンニング竹山さんの秘密】

 

キレ芸でおなじみのカンニング竹山さんには秘密がある。

竹山さんは戸籍上も公式プロフィールも4月2日生まれなのだが

実は本当の誕生日は3月30日なのだ!

(某テレビ番組で暴露)

これは前述の理由から4月2日生まれとして届出を出したらしい。

そのせいなのか結婚記念日は3月30日だ。

本当の誕生日を大切にしたいという思いの現れかも知れない。